元の意味が分かると大納得!英語由来の外来語の語源

日本の日常生活に溢れている、外来語。 カタカナという外来語だけを示す表記まであるほど、数多くありますよね。   日本では新しい外来語があっという間に普及するので 暗号のように、音をそのまま覚えている方も多いと思います。   でもすべての外来語には、元の言語の意味があります。 英語から取られた外来語の意味をいくつか紹介します!

悪い「バカ」はどれ?silly, dumb, stupid のニュアンスの違い

英語で「馬鹿」に近い言葉は、stupid dumb silly の3つ。 それぞれニュアンスが違って 同じ「馬鹿」でも良いことだったり悪い意味だったりします。   ネイティブに You are so dumb! と言われたとき 一緒に笑っていいのか、怒ったほうがいいのか?   それぞれの言葉のニュアンスの違いを説明します!

サラリーマン・パソコン・バイト…和製英語の例あれこれ(1)

日本人なら誰もが知っている、和製英語の存在。 でも、英語で話していても、とっさに口に出てしまうんですよね。   一応英語っぽいし、言葉の雰囲気で伝わるかな、、と思いきや 和製英語はホントに全然通じません!(断言)   海外旅行中など、ちょっとした英語を話す機会でも使う言葉に潜む 和製英語を紹介します!   サラリーマン・OL・バイト・パート

意味の違いに気をつけて!【I am excited!/I am exciting!】

英語で会議中。 プロジェクトが動き出したり商談が固まったときに I am exciting! というフレーズを日本人参加者が良く使います。 しかし、これは「私は面白い人です!」という意味。 英語ネイティブの会議参加者たちは、ちょっとだけ笑いをこらえます。 正しくは I am excited! 楽しみですね! と言いたいところ。   大まかな意味が近いので正しい方を選ぶのが難しい、exciting とexcitedですが 使い分けにはコツがあります。 ingで終わる方は、自分から発している様子 edで終わる方は、外部からの刺激に反応している様子 と覚えてみてください。

aggressive(アグレッシブ)英語の意味は?

最近、日本語でもよく使われるようになった「アグレッシブ」という言葉。 「会議でアグレッシブに発言する」「週末もアグレッシブに活動しています」 など、日本語(和製英語)では、積極的、活動的、活発、という良いことのニュアンスで使いますよね。   でも、英語でaggressiveを使うときは、意味が変わりますので要注意! aggressive : 攻撃的な、押しの強い、積極的(悪い意味で)、強引な 全体的に、マイナスのイメージがとても強い言葉です。

ノートは英語で何と言う?

一見英語に聞こえる「ノート」。 いわゆる「帳面」ノートの英語訳は notebook になります。 note という英単語は「書き取る、注意する」という動詞です。   The lottery’s winning number is out! Can you note it down? 宝くじの当選番号が発表されてる! (メモ用紙などに)書いておいてくれる?   Please note that the assignment is due tomorrow. 課題は明日提出期限ですから、注意してください。   noteは、記憶や記録に残す、というイメージの単語ですね。 ★日本語の「ノート」はnotebook★ お忘れなく~