ホームステイをする人が苦労したと良く聞くのが

「食事が口に合わない!」という話です。

また、欧米人って毎日ハンバーガー食べていそう、、

どうしたらあんなに大きな身体になれるの?

と思っている方もいらっしゃると思います。

 

実際に欧米の家庭ではどんなものを毎日食べているのか

オーストラリアの一般的な家庭料理の献立を紹介します。


*典型的な一週間の献立

 

これは私の家族やホームステイをしたときの

典型的な一週間の献立です。

月曜:ラザニア お肉たっぷり、ホワイトソースたっぷり

火曜:ローストチキン ニンニクとレモン風味

水曜:ビーフシチュー お肉の割合は日本のシチューの2、3倍

木曜:ミートソーススパゲティ お肉とトマトだけで作るガッツリ系

金曜:ステーキ(バーベキュー) 庭のバーベキュー台で焼く赤身のお肉、一人300gくらい

 

4455328595_608b93b933_z

*お肉の摂取量は日本の2、3倍

 

食卓にお肉が上らない日は基本的にないです。

 

値段も日本より安いので(ミンチ肉なら1キロ500円程度)

あまり食費を圧迫しているという感覚もありません。

 

ちなみに、こういった洋食を作るときは、和食を作るときと比べて

使うお肉の量が倍になります。

 

日本では野菜で量を増やしたり、副菜がボリュームがあったりで

なんだか肉料理でもあまり肉を使いません。

 

*魚介類はほとんど食べない

 

漁港の近くのエリアはまた違うのかもしれませんが

オーストラリアの多くの家庭では、魚介類にほぼ馴染みがありません。

 

スモークサーモンをツマミに食べるくらいでしょうか。

 

魚介類は値段も高くて、鮮度もイマイチ(そうに見えます)。

みんな口を揃えて「料理の仕方がわからない」と言います。

 

*影の薄い炭水化物

 

一応、毎日の食卓では炭水化物を取るようになっています。

 

ロースト系の場合は一緒にポテトやカボチャをローストしたり

バーベキューのときはマッシュポテトを食べたり。

シチューにはクスクス(パスタの一種)を添えていました。

 

でも、日本のご飯のように食卓の中心にあるのはお肉で

炭水化物は添え物のような扱い。

 

ちなみに白米は数週間に1回くらい食べます。

細長くてパラパラしたイタリア米が多いです。

 

*炭水化物より、さらに影の薄い野菜

 

メインの献立と合わせて、必ず野菜も食べます。

基本的には、サラダ。あとはレンジでチンした野菜など。

 

でも、家族4人で食べる野菜の量は

日本人の一人分くらいの量だと思います。

 

レタス一口、トマトひと欠片、という感じ。

 

個人的には、お通じは大丈夫なのかしら、なんて

勝手な心配をしてしまいます。

 

*毎日マクドナルドを食べているわけではない

 

一般的な家庭では、案外マクドナルドのようなファストフードは食べていません。

外食も高いです(普通のレストランでちょっと食べるだけで一人2000円)。

また、お惣菜のようなものも売っていないので、家庭で食事を作るしかないんです。

 

*日本食はブームとはいえ家庭料理にまでは浸透していない

 

日本食レストランはそこらじゅうに見かけますが

 

まだまだ、「寿司ロール」「カツカレー」を買って食べる程度で

家で日本食を作っているという話は聞いた事がありません。

 

*かわいそうな健康オタクの食事

 

基本的にお肉が多くて、油をたっぷり使う料理ばかりなので

健康に気をつけようとすると、食べられる料理の選択肢がなくなります。

 

結果的に、毎日ジョギングをしたりして、食事内容にもストイックな人は

大盛りサラダをバリバリ食べたり、野菜スティックをかじったり、

プロテインボールを食べたりしています。

 

和食だったら、油を使わない料理も、お肉すら使わない料理もたくさんあるのに、、

ちょっとかわいそうです。

 

*まとめ

 

日本食の特徴が

・白米が欠かせない

・野菜たくさん

・品数が多い

 

欧米では

・お肉が欠かせない

・野菜少なめ

・品数は1つか2つ

 

という感じでしょうか。

 

日本からの留学生にとっては、油で胃がもたれたり、

食が進まなかったりするのもうなずけます。

 

栄養バランスの異なる食事に身体が馴れていないので、

受け付けなくなってしまうんですよね。

 

ホストファミリーの食事が食べられなくなってきたら

無理をせず、少しのあいだ日本食に戻しても良いと思います。

 

家族にしてみても、せっかく作ったご飯を嫌々な雰囲気で食べられると

とても悲しくなってしまうそうです。(ホストマザー談)

 

「今日は私がご飯作りますよ!」と言って、日本食を家族にも振る舞ったり

インスタントのお味噌汁を飲んで、馴れている味で安心したり

何とかする方法は絶対にあります。

 

家族に正直に話をして、工夫してみてください。

 

ちなみに私はすっかり馴れてしまって

日本に帰国していたときは

固まりのお肉が手に入らないことにウズウズしたりしていましたが。。

 

ずいぶんバランスの違う食生活でも

それはそれで、健康に生活できるもんなんですよね。

 

欧米風な食卓、日本で実戦したら高くつきそうですが

ご興味ある方はレシピ送りますよ〜!

 

==
facebookページに「Follow(いいね!)」で更新情報が届きます!

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

ぜひ「Follow」してください。

Come to my page!
Tagged on:             
Come to my page!

One thought on “欧米人は普段何を食べてる? 一週間の献立 in オーストラリア

Comments are closed.