「そうだ、今度の休みは、海外で語学留学をしよう!」

そう思ったことのある人も少なくないんじゃないかと思います。

 

語学学校の多くは最短1週間から一般英語コースに入学できますから

夏休みや冬休みを使って、旅行と語学留学を兼ねた滞在をするというのも魅力的です。

 

では、実際にどのように語学学校を手配するのかというと、、

ほとんどの人は日本にある留学エージェントに連絡します。

 

国や地域ごとに連携先のある留学エージェントでは、

語学学校の入学手続きやビザの手配など、すべての作業を引き受けてくれます。

 

パンフレットから行きたい学校を選んで、コースを決めれば

あとは勝手に学校に連絡してくれて、手配を済ませてくれて、面倒なことは一切なし。

 

エージェントの多くは語学学校からマージンをもらっているので

利用者(留学者)は無料で手配してくれるのもとても助かります。

 

 

でも、、、

本当に、それで良いのでしょうか。

 

高いお金を払って英語を勉強しに行くのに

入学手続きに関する英語の文書を読んだり、メールを送ったり、は

英語上達のチャンスにはならないのでしょうか。

 

実際に語学学校の担当者と多く接する機会がありますが

日本と韓国からの留学生はほぼ全員、留学エージェントを通して入学する、

南米やヨーロッパからの生徒は、自力で連絡してきて、自分で手配して入学する。

 

そんな話を聞きました。

 

つまり、(少なくともオーストラリアに関しては)入学手続き自体は

英語学習者でも、自力でできないほど複雑ではないんです。

 

普段英語に触れない人なら、語学学校への問い合わせメールや資料などは

英語に触れるとても貴重な機会になると思います。

 

特に語学学校は様々なレベルの英語学習者に対応するプロですから

完璧でなくても、根気強く丁寧に対応してくれるところが多いです。

 

せっかく勇気を出して決めた語学留学ですから

留学エージェントにすべてをお願いする前に、まずは自力でやってみるのをお勧めします。

 

例えば、

・色々な学校のホームページを英語で読んでみる

・資料請求や質問のメールを送ってみる

・英語で、語学学校の評判を調べてみる

 

それでもどうしても難しくて自力では無理だ!と感じたら

その時に初めて留学エージェントに相談しても、遅くはないと思います。

 

留学エージェントを使うデメリットは他にもいくつかあります。

・エージェントが取り扱っていない語学学校は手配してもらえないので選択肢が限られる

・エージェントが伝える学校の評判は現地で聞く評判と異なる

 

もちろん、エージェントを通すことによる安心感はメリットのひとつですが

語学学校に属して、旅行保険にも加入している以上、

エージェントからの安心感の上乗せは実はあまり必要ないのかもしれません。

 

私も実は最初にオーストラリアに来たとき、

エージェントを通して資格取得のコースを受講しました。

日本の団体を通した方が、安心感があると思ったからです。

 

しかし、コースが突然打ち切りになってしまい、エージェントに相談したところ

「対応範囲外なので何もできない」と言われてしまいました。

 

結局、学校と直接相談をして、一番良い方法を探ることになりました。

安心のためにお願いしたエージェントは、ただマージンをもらっただけ。

 

何か起きたときは、日本でも海外でも

結局自分で何とかするしかないんです。

 

不安なことはエージェントにお任せにするよりも

メールや電話で学校にトコトン質問して、解消する方が安心です。

 

エージェントにお願いして、すべて段取りしてもらった語学留学と、

自力であくせく調べて、たくさんの時間を使って、自分で納得して決めた語学留学。

 

授業に参加する前に、すでに1つの目標を英語で成し遂げた人は

きっと自分に自信を持って、授業に臨めると思います。

 

せっかくの語学留学、

参加する前からスタートダッシュをかける意味でも

自力で手配をできるか、ぜひ挑戦してみてください!

 

==
facebookページに「Follow(いいね!)」で更新情報が届きます!

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

ぜひ「Follow」してください~。

 

Come to my page!
Tagged on:     
Come to my page!