オーストラリアの食べ物って美味しいの?

日本の家族や友人に良く聞かれます。

 

確かに日本と比べるとオーストラリアは全体的に大味で

日本で売っているパンやお菓子のような繊細な美味しさはありません。

 

でも、気候が温暖で自給率が高いので野菜や果物がおいしいですし、

移民が多いので他の国の食材が手に入ったりと、なかなか楽しい食生活です。

 

今回はオーストラリアのローカルスーパーで買えるものの中で

日本人の口に合いそうな「美味しい」食べ物を紹介します!

==

大人も子供も、夏でも冬でも絶対美味しい定番アイス!

Golden Gaytime ゴールデンゲータイム

 

Screen Shot 2014-09-25 at 7.36.18 PM

 

オーストラリアのアイスでは私はこれが一番美味しいと確信しています!

 

ナッツ、チョココーティング、キャラメルアイス、バニラアイスと

何が特別ということもない組み合わせなのに、本当においしい!

 

1本単位でも買えますが、なにせ高いので(1本$3くらい)

いつもスーパーのセールになったときに箱買いしてます。

 

冷凍庫に常備したいのに、すぐになくなってしまうのが悩み。。

 

ちなみにgay(ゲイ)という言葉が使われていますが

現在広く使われている「同性愛者」という意味ではなく、

ここでは「楽しそう、幸せそう」という意味で使われています。

 

この「楽しそう、幸せそう」という意味は元々gayにあった意味で

昔(数十年前)は一般的な言葉でした。

 

随分昔からある商品のようなので、

この単語がそのまま使われているんですね。

 

==

サラダに、サンドイッチに、便利!

セミドライトマトのオイル漬け

image.php

 

 

トマトの味が凝縮しているので、何に入れても美味しくなります。

オイル漬けで、開封してもずーーっともつので、冷蔵庫に常備。

 

こちらだとサラダやホットサンドに入っているのを良く見かけます。

チーズと一緒に薄いクラッカーに乗せても美味しい!

 

ちなみにオイルもほんのりトマト味で美味しいので

私は料理にもちゃっかり使っています。

 

==

ねっちり甘い、お菓子みたい!ドライデーツ

dates

 

 

日本でもドライデーツは流通し始めているようですが

こちらでは皆さんヘルシーなオヤツとして食べています。

 

野菜、果物コーナーにデーツ入りの箱がどーんと置いてあって

グラム売りなので、数個から試せます。

 

ねっちりしていて、かなり甘くておいしい!

(干し芋や干し柿が好きな人におすすめの味と食感!)

食物繊維があるので、水分と一緒に摂るとおなかがいっぱいになります。

 

==

片面はカリッカリ、中はフワフワのミニパンケーキ!

Crumpet(クランペット)

tumblr_inline_mvyyl62b4W1rune7h

 

 

イギリスが起源のcrumpet、要はミニパンケーキなのですが

粉の配合が普通のパンケーキと違うのか、

片面はカリッカリに焼けて、もう片面はフワフワで、

何とも言えない美味しさなんです!

 

スーパーではすでに完成したクランペットが束になって売っていて

トースターで焼いてから、メープルシロップをたぷたぷに浸して食べます。

カリッカリな外側と、じゅわじゅわのメープルシロップ、、。

 

オーストラリアで育つ子供が必ずハマる食べ物の1つのようで

大人もcrumpetと聞くと少しテンションが上がります。

 

==

脂っこくない穀物チップス Grain Waves

Screen Shot 2014-09-25 at 8.10.18 PM

 

ポテトチップスは本当に色々な味が出ていて、大体どれも美味しいのですが

このGrain Waveのシリーズはポテトじゃないので脂っこくなくて、

味もコクがあって本当に止まらなくなります。

 

日本で売り出したらきっと流行るのに!と思うチップスです。

 

==

オーストラリアでは手軽に買える、洋梨

4899674571_053eda28fa_o

 

 

オーストラリアは果物がどれも味が濃くて美味しいのですが

洋梨はこっとりとしていて特に美味しいです!

 

日本ではなかなか手に入らないこともあって

是非食べてみてほしいと思う果物のひとつです。

 

スーパーで売っている状態はまだ熟れていないので

買って数日は部屋に置いておいて、

指で少し押せるくらいに柔らかくなってから食べるのがコツ。

 

==

原材料は果物だけ!新鮮ジュースの nudie juice

Nudie_Nothing_But_Oranges_2L_c8e4e320-4979-49c0-9db0-815e5cc4941a_1024x1024

 

 

オーストラリアはジュースが美味しいんです。

安いジュースは濃縮果実を使っていて日本と同じですが

値段の張るジュースは、新鮮で本当に美味しい!

 

中でも私が気に入っているのがnudie juiceシリーズ。

 

ラベルに堂々と書かれているのは

nothing but 21 oranges(中身はオレンジ21個だけ)

from farm to bottle in 72 hours(ボトリングまで72時間以内)

 

確かに、家でオレンジを絞ったのと同じ味がします。

 

保存料が入っていないので急いで飲まないといけないですし

値段も高い(2リットルで5ドル程度)ですが

それでも家でオレンジ21個を絞る手間を考えると、つい買ってしまいます。

 

==

バラエティが豊富!そのまま料理になる、ツナ缶

135220184_1ede5c29c6

 

 

こちらはツナ缶をそのまま料理に使えるように、色々な種類があります。

 

例えば、ライム&コショウ味、メキシカン味、ドライトマトとハーブ入りイタリアン味など。

ちなみに私が好きなのはスイートチリ味です。

 

最初は、ツナ缶を開けてから味付けすれば良いだけなのに、、と思いましたが

ツナに味がしっかり移っていて、美味しいんです!

 

サラダに入れればドレッシングいらず。

そのままディップにもなって、とても便利です。

 

==

美味しすぎて一晩で食べ切っちゃう人続出!

ヘーゼルナッツのペースト、Nutella

nutella

 

こちらはイタリアのメーカーが作っているペースト。

ヘーゼルナッツにココアが混ぜてあって

チョコクリームのような感じで、パンに塗ったりお菓子に使ったりします。

 

ほどよくトロリとしていて、チョコクリームよりコクがあって美味しい!

 

パンに塗ったついでに一口舐めて、そのままもう一口舐めて、、

としているうちに、一瓶食べ切っちゃった、という話を

友人数名から聞いたことがあるほど、中毒性の高い美味しさなんです。

 

ちなみに私は、買ったら最後、ずっと舐めてしまうので(完全に中毒ですね、、)

なるべく買わないようにしています。。

 

Nutellaは冷蔵庫に入れてしまうと固まってしまうので

常温保存がおすすめです。

==

皆さんが食べたこと、見たことのある食べ物もありましたか?

 

紹介した10商品は、どれも特別なものではなくて

普通のローカルスーパーで手に入るものばかりです。

 

旅行でオーストラリアを訪れた際は、

お土産に、旅の途中の楽しみに、是非手に取ってみてください!

 

==
facebookページに「Follow(いいね!)」で更新情報が届きます!

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

ぜひ「Follow」してください~。

 

Come to my page!
Tagged on:         
Come to my page!