ちょっとした英語の文章を読まないといけないときなど

google翻訳やエキサイト翻訳を使って日本語訳を読む人も多いと思います。

 

でも、訳された日本語訳がイマイチ意味が通じなかったり

本当に合ってるのかな?と心配になりませんか?

 

現状のオンライン翻訳がどの程度の正確さなのか、実際に調べてみました!

日本人が良く使うgoogle翻訳とエキサイト翻訳、より優れているのはどっち?

 

*****

 

1.簡単な挨拶

まずは、こんな簡単な挨拶を翻訳してみました。

Hello! I’m LIZ.

正しい訳としては、「こんにちは!リズです。」という感じを想定しています。

 

では、それぞれ訳してみましょう!

 

google翻訳:

こんにちは!私は、 LIZだ。

 

エキサイト翻訳:

こんにちは!私はリズである。

 

結果:簡単な挨拶文

google翻訳【△】

エキサイト翻訳【△】

 

簡単な定形文の挨拶ですから、完璧な訳が出てくると思ったのですが

どちらも時代錯誤というか、不思議な言い回しになってしまいました。

 

「私はリズである」なんて、言わないですよね。

 

*****

 

では次に行ってみましょう!

こんな文章を入れてみました。

 

I just wanted to inform you that our housemates are moving out soon.

訳:私のハウスメイト達がもうすぐ引っ越すということを伝えたかっただけです

 

move outで、引っ越し(出て行く事)

just wanted toで、〜したかっただけ

soonは、もうすぐ(近々)

という意味です。

 

普段の会話で出て来る、基本的な言い回しばかりの文。

どんな翻訳になるか、見てみましょう!

 

Google翻訳:

私はちょうど私たちのハウスメイトがすぐに動いていることをお知らせしたかった。

 

【×】just wanted to の justだけを切り出して「ちょうど」にしてしまいました。

【×】move outも認識できず、「動いている」になってしまっています。

【×】soonもどこにかかるのかわからず、「すぐに」と訳されてしまいました。

 

この翻訳結果は、元の意味と違っていますね。。残念。

では、エキサイト翻訳はどうでしょう。

 

エキサイト翻訳:

私は、あなたに、すぐ私達の同居人が転出すると知らせたかったばかりである

 

【△】just wanted toを正しく訳してくれています。でも、言い回しが古くさい。

【○】move outが転出だと正しく認識しています。

【×】もうすぐ、はgoogleと同様に「すぐ」になってしまいました。

 

結果:日常的な言い回しを含む文章

google翻訳【×】

エキサイト翻訳【△】

 

この文では、エキサイト翻訳の方が元の意味が通じている点で上位でした!

でも、全体的に古くさい言い回しになってしまうのはエキサイト翻訳の特徴ですかね。

 

*****

 

では、最後にもう1つ!

 

Never be a negative person when you are stressed.

訳:ストレス下にあっても、決してマイナス思考の人間になってはいけない

 

Never be~で始まる文章は、「〜ではならない」という言い回し

negative personは、マイナス思考の人

stressedで、ストレス状態にあっても

 

という意味です。

 

それでは翻訳してみましょう!

 

google翻訳:

あなたがストレスをされた場合負の人になることはありません。

 

【×】Never beをneverだけで切り出してしまい、「ありません」という表現になってます。

【×】negative personが「負の人」。直訳ですが日本語として不自然ですよね。

【×】stressedを「ストレスをされる」と受身で捉えてしまいました。

 

う〜ん、全部失敗で意味が支離滅裂ですね。残念な結果です。

では、エキサイト翻訳はどうでしょうか!

 

エキサイト翻訳:

決して、あなたが強調される時には、ネガティブな人あってはならない

 

【○】never be~は「あってはならない」で正しく翻訳されました。

【○】negative person も、「ネガティブな人」で正解!

【×】stressedは強調するという意味もあるのですが、そちらを選んでしまい、×です。

 

2つは正しい意味を捉えましたが、一カ所の意味を取り違えてしまったので

文として、意味が通じなくなってしまいました。

 

結果:やや特殊な言い回しを含む文章

google翻訳【×】

エキサイト翻訳【△】

 

*****

 

全体の結論としては

google翻訳もエキサイト翻訳も、まだまだ発展途中。

 

ということだと思います。

 

支離滅裂な文がたくさん出てきて笑ってしまいましたが

現段階のオンライン翻訳ツールは、この程度の実力なんです。

 

たくさんある単語の意味や、フレーズによって変わる意味合いなど

人間には当たり前でも、まだまだ機械翻訳には読み取れないんですよね。

 

今回は翻訳ツールの現在の実力に気が付いてほしくて

英語→日本語で紹介しましたが

 

逆の、日本語→英語でも、同じようなチグハグな英語が出来上がります。

 

英文メールを書くとき、英語の文書を読み込むとき

何かと便利に感じるオンライン翻訳ツールですが

実際のところ、このレベルの訳文しか出せていないんです。

 

ひとつの文で3箇所も誤訳する英語力の人に、

あなたは英語の質問をしますか?

 

引っ越しを「動いている」、ストレスを「強調する」と訳してしまう人が

訳したメールを、そのまま相手に送ってしまって大丈夫ですか?

 

オンライン翻訳ツールにはなるべく頼らずに自力で読み書きすることが

確実に伝わる・伝える方法だと気づいてもらえたら嬉しいです!

 

==
facebookページに「like(いいね!)」でコミュニティに入りませんか?

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

「いいね!」お待ちしています!

 

Come to my page!
Tagged on:             
Come to my page!