夢に見た海外生活がスタート!最初は何でも楽しくて毎日ウキウキしていたのに

少し慣れて来る頃にジリジリと迫って来るのが、ホームシックですよね。

 

私もオーストラリアに住み始めた頃、ひどいホームシックにかかりました。

言語の壁もなく、人にも恵まれて、夢が叶って、毎日心から楽しんでいたのに、です。

 

少しでも早く自分を取り戻せるように色々と実践した、ホームシック撃退法を紹介します!

worried-girl-413690_640

まず最初にお話したいのが、ホームシックにかかる理由です。

 

人間の心は大きな変化があるとストレスを感じるように出来ていて

それは例えば良い変化(大学入学、会社の昇進、引っ越しなど)でも

身体や心は善悪関係なく「ストレス」として認識してしまうんだそうです。

 

海外に住むというのは、言語も環境も家族や友人との距離もぜーんぶ変わるわけですから

本当に大きな変化で、ストレスの量も相当なものです。

 

環境変化のストレスがホームシックとして出て来るのは普通のことで

ホームシックだから海外が向いていないとか、意思が弱いとか、そういうことではないんです。

 

例えばホームシックにかからない人でも、ストレスの影響が他のところに出る人もいます。

 

海外生活で甘いものが止まらなくなって体重が増えてしまったり、

身体に無理が出て皮膚疾患になってしまった人にもお会いしました。

 

ホームシックは環境変化に対応しようとする心の自然な動き。

うまくコントロールして、本来の自分を取り戻しましょう!

 

sunset-174276_640

では、私が実践したホームシック解消法を3ステップで紹介します。

 

ステップ1:「日本が恋しい」気持ちを徹底的に癒す!

 

環境のすべてが変わってしまってストレスを感じているわけですから

ストレス前の状態(日本)に環境を戻して、日本シックな気持ちを満足させます。

 

私は「一日だけ」と決めて、朝から晩まで徹底的に日本にいるかのように過ごしました。

好きな事だけ、好きなようにする日です。

 

まずは食べ物。お味噌汁や、ご飯、海苔、日本のお菓子などを買い込みます。

次に、日本で観ていたテレビ番組をインターネットで見つけて、ぼーっと鑑賞します。

私はインターネットショッピングも好きだったので、

日本のサイトを色々見て回って、妄想ショッピングを楽しみました。

他にも日本の本を読んだり、音楽を聞いたりも。

 

夜には日本の友人数名に集まってもらって、スカイプ越しに飲み会。

 

その頃はちょうどオーストラリアでは深刻な水不足でしたが

家主さんにお願いして、その日だけお風呂を炊いてのんびり入ったりもしました。

(水がもったいなくて半身浴でしたが、、)

 

丸一日、のんびりと日本の空気に浸って過ごしてみたら、

案外気持ちが落ち着いてきたのを覚えています。

 

毎日辛いのを我慢して生活するより

一日だけ徹底的に自分の気持ちに沿った方が、気分が晴れると思います!

 

ここでエネルギーが戻って来たら、ステップ2に進みます!

 

japanese-food-802999_640

ステップ2:日本で楽しんでいたことを書き出してみる

 

一日たっぷりと好きな事をして過ごすと

自分がどんなことが好きだったか、改めて考えさせられます。

 

料理でも、スポーツでも、読書でも、何でもいいので

自分が好きなことを思いつく限り書き出してみてください。

 

そのうち、今、海外でも出来ているものはありますか?

好きだったことを色々と我慢していませんか?

国が変わったことで、大事な生活の一部だった楽しいことも止めてしまっていませんか。

 

 

people-821624_640

ステップ3:他人を巻き込んで、好きなことを再開する!

 

最後のステップでは、好きなことを再開しましょう!

ポイントは一人ではなく他人と一緒にすることです。

 

例えば、私はまた人を家に呼んでワイワイ話したい!と思ったので

「日本の料理を作るから食べに来ない?」と新しい友人を誘ってみたりしました。

みんな喜んで来てくれましたよ!

 

私の知り合いはサッカーが好きだったので地元のサッカーチームに入って

練習や試合で楽しそうに過ごしていました。

 

私が大事だと感じたのは、「帰属感」。

海外でも、どこかのグループに属していると感じられるようになると

だんだんと海外の新しい場所にも根が下りるというか、落ち着いて来るんです。

 

自分から人に声をかけるのが難しければ、習い事に通うのも良いと思います。

 

例えば私はヨがスタジオに通い始めて

毎回クラスに行けば同じ人たちと会えることが安心感につながりました。

 

孤独感に包まれないように、なるべく人とつながる方法を見つけることが大事です。

 

自分の得意なことで人に喜んでもらうと、自己肯定感にもつながって

日本から離れていても「楽しい!」と感じる時間が出て来ますよ。

 

australia-744278_640

3つのステップとは別ですが、こんなことも解決のきっかけになるかもしれません。

 

番外編その1:住む場所を考え直す

 

留学やワーキングホリデーの場合は

ホストファミリーやシェアハウスに住んでいる場合が多いと思います。

 

同居している人たちと気が合わなかったり、

生活リズムが合わなくて孤独になっていませんか?

 

長い時間を過ごす場所ですから、合わない場合は思い切って

引っ越しを検討するのも良いと思います。

 

私はシェアメイトとものすごく気が合ったので、

色々話をするうちに気持ちが楽になったのを覚えています。

 

番外編その2:一時帰国する

ちょっと反則ですが、本当に辛いときや、学校に行けないほど深刻なときは

思い切って一度日本に帰国するのもありだと思います。

 

私もちょうど日本に帰国する予定があったのですが

一時帰国を終えて戻って来たら、すっかり元気になっていました。

 

2度目に訪れるオーストラリアは慣れ親しんだ場所のような感覚で

大きなストレスなく元の生活に戻れました。

 

日本を堪能しただけでなく、「日本に帰ろうと思えば1日で帰れるんだ」

と実感できたことで、心理的な距離が縮まったのも良かったのだと思います。

 

worried-girl-413690_640

たかがホームシック、でもなってみると本当に辛いんですよね。

今悩んでいる人が抜け出すきっかけになれば嬉しいです!

 

質問やお悩みがあれば、いつでもfacebookに連絡してくださいね。

***

Come to my page!
Tagged on:     
Come to my page!