会社で仕事中。電話に答えると、

なんと相手が英語で話し始めた!

 

たとえ英語が話せる人でも、

予想していないときに突然英語で話すのは案外難しいんですよね。

それに、周りの同僚はちょっと聞き耳を立てているかも。。

 

電話を受けてから転送もしくは切るまでにどうしても必要な、

最低限の必須9フレーズを紹介します!

 

PAK85_telshinagaramemowosuru1292500

 

This is +++(会社の名前), ***(自分の名前) speaking.

はい、+++会社、***です。

 

通常は日本語で電話を受けると思いますが、相手が英語の場合は

再度名乗り直しましょう。

 

自分の名前は、Mr やMiss/Mrsは付けずに

フルネームで名乗るのが良いと思います。

 

英語では名字で名乗ることはないですし、

かといって普段仕事で使っていない

下の名前で名乗るのも違和感があります。

 

それであれば、両方名乗りましょう!

名前⇒名字、の順番が自然です。

 

May I ask who is calling?

(Who’s calling?)

どちら様でしょうか。

 

()内の言い回しもネイティブでは良く聞きますが

日本の職場で使う場合、少しカジュアルになりすぎる印象があります。

May I ask who is calling? であれば、誰に言っても安心の丁寧さです。

 

Who do you wish to talk to?

どちら宛にお電話をいただいておりますでしょうか?

 

自分宛の電話でない場合、このように担当者の名前を聞き出しましょう。

 

Please hold for a moment.

少々お待ちください。

 

保留ボタンを押す前に必ずこの一言を言いましょう。

 

I’m sorry. She is not available right now.

申し訳ありません。今彼女は電話に出られません。

 

この表現で、外出中/会議中/電話対応中/休暇中など

すべて対応できます。

もし、いつ席に戻ってくる?

(When will she be back?)と聞かれたら

She will be back by **(時間)と答えましょう。

 

Would you like to leave a message?

伝言をお預かりしましょうか?

 

本音を言うと、英語で伝言は受けたくないですよね。。

大抵、相手も確実にメッセージが伝わる方法を考えますので

じゃあメールしますね、とか、またかけ直します、などと言ってくれることが多いです。

 

May I have your contact number?

お電話番号を頂戴できますか?

 

以下、相手が電話番号を読み上げるときの注意点です:

  • 0(ゼロ)を、o(オー)とアルファベット読みすることがある。
  • 22 など、同じ番号が2つ続いたときは、double two という言い方をする。
  • 333など、同じ番号が3つ続いたときは、tripple three という言い方をする。
  • 基本は1ケタずつ読み上げるが、たまに24 を two three ではなくtwenty-four と言う人もいる。

もし聞き取れない場合は、Could you please repeat from the beginning? とお願いしましょう。

 

How do you spell your name?

お名前をどのようにスペルしますか?

 

アルファベットのうち、以下のものは国によって読み方が違いますので注意です:

H (アメリカ:エイチ)(イギリス、オーストラリア:ヘイチ)

Z(アメリカ:ズィー)(イギリス、オーストラリア:ゼッド)

 

Thank you for the call.

お電話ありがとうございました。

 

==

日本人が英語で電話対応するときの一番の恐怖は

聞き取れない速さで話されてしまうこと。

 

そんなときは、自分から意図的にゆっくりと話すようにしてみてください。

 

人間は、相手の話す速さに合わせて

自分の話すスピードも変える性質があるそうです。

 

ここに紹介した9フレーズも、覚えたからといって早口で言ってしまうと

相手もつい早口(普段のネイティブのスピード)で話されてしまいます。

 

あえて、ゆっくりゆっくり、丁寧に。

 

これが、英語での電話対応のコツです!

==

最後に、紹介したフレーズを再度まとめます。

コピーしてパソコンに保存したり、電話近くに置いておけば

突然の対応にも慌てずにすみますよ!

 

This is +++(会社の名前), ***(自分の名前) speaking.

May I ask who is calling? (Who’s calling?)

Who do you wish to talk to?

Please hold for a moment.

I’m sorry. She is not available right now.

Would you like to leave a message?

May I have your contact number?

How do you spell your name?

Thank you for the call.

==
facebookページに「Follow(いいね!)」で情報が届きます!

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

ぜひ「Follow」してください~。

 

 

Come to my page!
Tagged on:                 
Come to my page!