英語で「馬鹿」に近い言葉は、stupid dumb silly の3つ。

それぞれニュアンスが違って

同じ「馬鹿」でも良いことだったり悪い意味だったりします。

 

ネイティブに You are so dumb! と言われたとき

一緒に笑っていいのか、怒ったほうがいいのか?

 

それぞれの言葉のニュアンスの違いを説明します!

8244983235_8a21dedcf0_z

 

silly ふざけている、馬鹿げている

 

sillyは、行動が馬鹿っぽいこと

を言います。

 

そのため、人自体を馬鹿だと言っている訳ではなく

馬鹿っぽい行動をしている → ふざけている、馬鹿げている

という意味になります。

 

会話ではこんな時に使います。

 

A: I don’t think I’m good enough for him. 

B: Don’t be so silly!

 

A) 私、彼とつり合わないと思うんだよね。

B) そんな馬鹿げたこと言わないで!(そんなことないよ!)

 

この場合の Don’t be sillyは、

相手がネガティブなことを言ったときに

「そんなことないよ!」という、否定のニュアンスでつかいます。

 

落ち込んだ相手を励ますフレーズですね。

 

もしくは、子供に注意するときにも使います。

スーパーなどでふざけている子供に

しびれを切らしたお母さんなどが使う言葉。

 

Don’t be silly!

ふざけるのやめなさい!

 

あとは、

Silly silly!

という言い回しもあります。

 

これは「おバカさん」というニュアンスで

相手が何かおっちょこちょいなことをしてしまったときに

Silly silly! (お馬鹿だね〜!)と言って

一緒に笑うための言い回しです。

 

いずれにしても、sillyにはネガティブな響きはありません。

自分に使われても、一緒に笑ってOKな言葉です。

 

902062212_e6536857a5_z

 

dumb 頭が悪い

stupid 馬鹿

 

stupid と dumb はニュアンスが被っているので

英語ネイティブも冷静に考えるとわからなくなるようで

こんな掲示板の議論もありました。

Difference between “dumb” and “stupid”

 

でも、やっぱり

You are so dumb!

You are so stupid!

の2つは、感じ方が違います。

 

どちらも「馬鹿」には違いないのですが

dumbは、知識がない、教養がない、無知 というニュアンス。

stupidは、知っているのに間違える、衝動に駆られて馬鹿なことをしてしまう

というニュアンスです。

 

例えば、あるカップルが

ヘンテコな花瓶を買ってしまったとします。

4782502098_2d16a3db1c_z

彼女が、ため息まじりに一言。

A) It was a dumb decision to buy this vase.

B) It was a stupid decision to buy this vase.

 

どちらも日本語では

この花瓶を買うのは馬鹿げた(=間違った)決断だった。

 

という意味。

 

でも、

dumb decisionは、

後悔するなんて思わずに、大満足で買っちゃった。馬鹿だった〜!

という気持ちが含まれます。

 

stupid decisionは、

きっと買ったら後悔すると分かってたのに、うっかり買っちゃった。馬鹿だった〜!

という気持ちが含まれています。

 

というわけで、dumb stupid で言われてより傷つくのは

stupidの方です。

(dumbも良い気分ではありませんが)

 

知ってたのに間違う、というのは

一番「馬鹿」なんですね。

 

※ちなみに、dumbの最後のbは発音しません。

「ダム」という発音になります。

==

では3つの違いのまとめです。

 

You are so stupid!

と言われたら、「馬鹿」とほぼ確実に見下されています。

ニコニコしないで、反論しましょう!

 

You are so dumb!

と言われたら、stupidほどではないですが

やっぱり、無知を笑われています。

ニコニコしないで、ちゃんとムッとした顔をしましょう!

 

You are so silly!

と言われたら、あなたがちょっとふざけたことを

面白く指摘してくれています。

一緒に笑って大丈夫です。

 

 

 

120278573_4bc94173fa_z

 

相手のメッセージを取り違えないように、

自分も間違って相手を傷つけないように。

 

今度、会話で、映画で、この言葉が出てきたら

ニュアンスの違いを意識してみてください!

==
facebookページに「Follow(いいね!)」で情報が届きます!

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

ぜひ「Follow」してください~。

 

Come to my page!
Tagged on:
Come to my page!