皆様、突然ですが、今日は私の誕生日なんです!

facebookやテキストなどでたくさんお祝いのメッセージが届いて嬉しい限りです。

 

さて、そんなメッセージの中でたくさん目にするのが spoil という単語。

 

spoil と言うと、「腐らせる」という意味ですが

5191188258_c765f07f77_z

 

実際に届いたのは、こんなメッセージです:

 

(パートナーのお兄ちゃんから)

Happy birthday! I hope my brother spoils you!

 

(友達のひとりから)

Hope you have the most beautiful day and be spoiled!

 

 

誕生日にspoiled(腐る)??

 

実はspoilには、野菜などを腐らせるという意味の他に

人(特に女性や子供)を甘やかしてダメにする、というニュアンスがあります。

 

ダメにする(腐らせる)という現象は同じですが

誕生日などで肯定的に使うときは、この「甘やかす」という意味が強調されます。

 

「至れり尽くせりに扱ってもらう」「プレゼントなど豪華なものをもらって甘やかされる」

そして結果的に、幸せで夢心地になる(=ダメになる)、、というイメージです。

 

14137605422_740cf7c957_z

 

パートナーのお兄ちゃんから届いたメッセージは

Happy birthday! I hope my brother spoils you!

「(誕生日の今日は)うちの弟が徹底的に尽くしてくれて、夢心地になるといいね!」

(=幸せな一日を過ごしてね!)

 

友達から届いたメッセージは

Hope you have the most beautiful day and be spoiled!

「最高な一日を幸せに過ごせるといいね!」

 

というニュアンスを含んだ意味になります。

 

この「甘やかす」「夢心地にさせる」というspoiledの使い方は

特に男性が女性に対して一生懸命尽くす姿に良く使われます。

 

彼からプレゼントをもらった友達が、写真と共に

I’m so spoiled!

(プレゼントをもらって)幸せ〜!

 

などとfacebookにアップするのをよく見かけます。

 

世の男性は女性をspoilさせないといけなくて、大変ですね。。

 

 

ちなみに、子供に対して spoiled child などと使う場合は

(甘やかされたせいで)性格が悪い子

 

という意味になりますので、注意が必要です。

 

 

さらに、spoiledspoilの過去形、過去分詞ですが、spoiltという書き方もあります。

アメリカ英語ではspoiled、イギリスやオーストラリアではspoilt、spoiledの両方を使います。

 

活用形は

spoil – spoiled (spoilt) – spoiled (spoilt)

 

です。

==

西洋文化は、誕生日もバレンタインも記念日も、さらには普通の日であっても

男性が女性のことを考えて、尽くすことが当たり前の文化だなぁと感じます。

 

女性が過ごしやすいこの文化、日本にももっと広まるといいですね。  
==
facebookページに「Follow(いいね!)」で更新情報が届きます!

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

ぜひ「Follow」してください~。

 

Come to my page!
Tagged on:             
Come to my page!