amazonから発売されているkindleの人気は
欧米諸国では紙の本を上回る勢いです。

最近は日本でも電車などで見かけるようになりましたね。
小説を読んだり、新聞記事を読んだりと便利なので、私も愛用しています。

さて、kindleを使って洋書を読みながら
英語の能力を鍛えることができるのを知っていますか?

ここでは「kindle英語学習法」と呼んで、説明しますね。
10468379_4228799575279_8730262115100874517_n

kindle英語学習法

方法はいたってシンプル。

kindleに洋書をダウンロードして、読み進めます。

この時に大切なのは、

1. 自分のレベルに合った本を選ぶこと

2. 楽しめる内容の本を選ぶ こと

の2点です。

 

例え英語に自信がなくても、
幼稚な児童書では、大人は夢中にはなれません。

また、英語学習者向けにレベル調整された本も存在しますが
言い回しが不自然であったり、メッセージが薄まったりしていて、お奨めしません。

あくまでも、ネイティブが読んでいる本の中から
レベルと内容が合っているものを見つけることが大切です。

(このサイトでは、厳選した洋書を紹介していきます!
案外、シンプルに丁寧に書かれた良書がたくさんあるんです。)

 

kindle英語学習法の上達サイクル

英語上達の基本は、

  • とにかく多く触れること(良質なインプット)
  • 英語と日本語の行き来をやめること(英語を英語で捉える)

の2点です。

 

Kindle英語学習法では、こんなサイクルで英語上達を進めます。

内容が面白いから、どんどん読み進めたくなる

もっとスピードを上げて読みたいと思う

英語を英語で理解するように脳が処理方法を変える

読む本の幅が広がる

ネイティブが読む本を使って
自然な英語を浴びるようにインプットする。

さらに、読書も楽しめて、知識も深まる。

これが実現できるのが、kindle英語学習法なんです。

 

なぜkindle?

でも、なぜkindleなの?紙の本でもいいのでは?と思われた方。

kindleには、英語学習者を後押しする機能が搭載されているんです。

それが、辞書機能

わからない単語を画面上で「長押し」すると
オックスフォード英英辞書の説明がポップアップで飛び出します。

kindleの画面を離れることなく、英語で意味を噛み砕くことができるので
英語のインプットの流れを止めずに、理解を深められます。

さらに、一度調べた単語はkindle内の単語帳に保存されていて、
何度でも復習することができます。

 

Screen Shot 2014-06-10 at 5.29.09 PM

文中にどのように使われていたかがリンクしているので
物語の流れと共に、自然な形で単語を覚えられます。

 

さらにkindleの良いところは
本の最初の部分(10ページ前後)を、試し読みできること。

英語のレベルも内容も、この最初の部分を確認してから
実際に購入できるのはとても安心です。

 

洋書を読むというのは、それだけで立派な異文化体験。
カバンに洋書が入っている通勤・通学は、新鮮で楽しいですよ!

一度、kindle英語学習法を試してみませんか?

 

※私はkindle paperwhiteという一番シンプルなものを持っています。
白黒画面、読むのは本ですから十分です。
紙の質感に近い液晶で(実際にインクを使っているそうです)チカチカしません。

 


↑商品ページに飛びます。

機能や特徴が詳細に説明されていますよ!

 

※kindleを買うのは勇気がいるという方は、
スマートフォンにkindleアプリを無料でダウンロードできます。
長時間の読書には向いていませんが、ちょっと良さを試してみてください。

Come to my page!
Tagged on:         
Come to my page!