具合が悪いの?風邪?病人の看病に使える英語の質問5つ

シェアハウスに住んでいた頃、シェアメイトが風邪を引いて寝込んでしまったことがありました。 普段は元気いっぱいな人だったのに、フラフラしていて口数も少なくて、心配。   同じ家に住んでいるからこそ、少しでも助けになりたい!と思いますよね。   具合の悪い相手にも、質問の意図がはっきりと伝わるように工夫した 看病で使える英語の質問を5つ紹介します!  

yes/noの答え方にもう迷わない!たった1つのシンプルルール

英語と日本語で答え方のルールが違う、yes/noの質問。みなさんは迷わずに答えられますか?   例えばこの場合、yes/noのどちらで答えるのが正解でしょうか。   You are not going to the cinema tonight, right? 今晩は映画館に行かないんでしょう?   ______, I’m going to the cinema tonight. ______, I’m not going to the cinema tonight.  

時制によってニュアンスが変わる!be able toとcanの使い分け

今回は、ツイッターで質問をいただいた be able to と can の使い分けについて紹介します!   この2つ、英語ネイティブは無意識に使い分けているんですが 調べてみると、なかなかルールが複雑です。   では、いってみましょう! ちょっと長いので、まず目次です。

thank you の返事はwelcomeじゃない?!ネイティブの自然な「どういたしまして」の使い分け3種類

A:Thank you! B:You are welcome!   日本の学校に通った人なら、誰もが習った基本のフレーズですよね。   もちろん文法的に間違ってはいないのですが 実はネイティブがほとんど使わない、かしこまった表現なんです。   実際、オーストラリアではほとんど”You are welcome“と言っているのを耳にしません。   日本語でも「どういたしまして」は日常的に使わないのと同じで、 英語でも実際の状況に合わせて他の言い回しを使い分けています。   ネイティブが使う、自然な「どういたしまして」の言い方を3パターン紹介します!  

会話に臨場感を出す!英語でセリフを言うときの「like」の使い方

「昨日みんなでバーベキューしてたら、友達に 「それ、カンガルー肉だよ」って教えられて、「えっ!」って驚いたんだよー!」   こんな風に過去の会話を引用して話す「カギカッコ」付きの会話で ネイティブが必ず使うフレーズが I was like “~” という言い回しです。   「〜と言った」という意味なので I said ” ~ “ でも通じますが、もっとカジュアルで、自然なフレーズです。   例えば、こんな風に使います!

英語で「溶ける」は3種類!melt, dissolve, defrostの違い

夏、ジュースに入れた氷。 お風呂に入れる、バスクリン。 日向で食べるアイスクリーム。 しまい忘れた、冷凍のお肉。   日本語ではどれも同じ「溶ける」ですが 英語では、上の様子は違う現象としてとらえます。   それぞれどういう条件で使いわけるのか 例と合わせて紹介します!

英語学習に生かせる!バイリンガル脳の仕組み

日本語と英語の両方を使っていると 私、言語によって性格が少し変わる?! と感じることがあります。   例えば、仕事で交流会に参加したとき。   英語ではどんどん自分から話しかけて、 相手の話も引き出すことができるのに   日本語ではなかなか、声をかけられない。 会話を続けるのに苦労することが多いです。

忍者、SUSHI、オタク…外国人に聞かれる日本のびっくり質問

外国で暮らしていると、避けて通れないのが自分の国に関する質問です。 本人たちは大真面目に聞いて来る、びっくりな質問の数々。 日本ってそう見られているんだなぁ。。と驚いたり、妙に納得したりしてしまいます。   その中でも「えっ?!」と思わず聞き返してしまった ビックリな質問をいくつか紹介します!