ぶっきらぼうな返事に気をつけて!I don’t care と I don’t mindの大きな違い

あなたはこの質問に、どちらで答えますか?   How about steak for dinner? 今晩ステーキはどう?   A) I don’t care. B) I don’t mind.   1つは、「どちらでも良いよ」、もう1つは「どうでもいい」という意味です。   せっかく質問したのに「どうでもいい」なんて言われたら、ショックですよね。 相手との信頼関係を一瞬で崩しかねないです!   日本語ではどちらも「気にする」ですが、似ているようで全く違うニュアンスのmindとcare。 絶対に間違えたくない、2単語の使い分けを紹介します!

ネイティブが首をかしげる、日本人の英語フレーズ間違いトップ3

英語のレベルに関係なく、英語を勉強している日本人がしょっちゅう言ってしまう 不思議な言い回しがいくつかあります。   ビジネスや学校、日常会話でも、英語学習者の間であまりに良く聞くので もしかしたらそれが正しいと感じてしまっているのかも?!

「いただきます」は英語で何と言う?

友達のハウスパーティに遊びに行ったときや 家族のディナーに招待されたとき こちらの人は何も言わずに 突然、黙々と食べ始めます。 こちらには「いただきます」にあたる言い回しはないのかな? しばらく考えてみましたが、、 はい、ないです。   宗教深い家庭では短いお祈りをするおうちもあるようですが オーストラリアでは今のところ、聞いた事がありません。 でも私はどうしても、何も言わずに食べ始めるのに違和感があります。 そこで、自分なりの方法を見つけました!

誰でもできる!英語で会話上手になるコツ

英語で話したいけれど、会話が持たないしなぁ、、 何て言ったらいいかわらかないし、途中で詰まっちゃいそうだし、、 英語で会話を楽しむにはもちろん英語の上達も大事ですが それより一番早い方法、、それは、   相手がノリノリになる、ドンピシャな質問を投げること!   これが何より一番単純で、効果テキメンです! あとは相手に気持ちよく話してもらって 相づちを打ったり、さらに質問をして掘り下げたりしましょう。 話し上手は聞き上手、なんて言いますが 英語はまさに!です。   私も、友達やクライアントに会ったときは 絶対に自分から質問するようにしています。

英語で「えっ!」は何と言う?ビジネス&日常会話の感嘆詞

会話のやりとりの中で驚いたり、 信じられないことを聞かされたときに自然に切り返す言葉です。   レベル1(えー、ほんと?)驚き度:★ really?   レベル2(えっ、ほんとに?!)驚き度:★★ really! / Nooo! ※レベル2の”really!”は、語尾を下げて強めに言います ※”Noooo”は、「ノォォゥゥゥ!」と語尾を長く、「ウ」まではっきり発音します   レベル3(えー!ウソだー!!)驚き度:★★★ No way! / You are kidding! / That’s impossible! レベルを間違えると不自然な会話になってしまいます。 驚き度に合わせて、表情豊かに言ってみてください。   ちなみに、ビジネスの場では、、

意味の違いに気をつけて!【I am excited!/I am exciting!】

英語で会議中。 プロジェクトが動き出したり商談が固まったときに I am exciting! というフレーズを日本人参加者が良く使います。 しかし、これは「私は面白い人です!」という意味。 英語ネイティブの会議参加者たちは、ちょっとだけ笑いをこらえます。 正しくは I am excited! 楽しみですね! と言いたいところ。   大まかな意味が近いので正しい方を選ぶのが難しい、exciting とexcitedですが 使い分けにはコツがあります。 ingで終わる方は、自分から発している様子 edで終わる方は、外部からの刺激に反応している様子 と覚えてみてください。

「え?」「何?」自然に聞き返すフレーズ

相手の話していることが一度で分からなかったとき もう一度言ってほしい! そんなときのおすすめフレーズを、状況別に紹介します! ※数字が大きいほど、フォーマル(ビジネス)です 0. What?(言い方注意です!質問する顔をしていないと、「は?」と言っている感覚になります) 1.