【Facebookで英語に触れる】「人が好き」「話好き」な人におすすめ!Humans of New York

Facebookで1000万人のファンがついている Humans of New Yorkというページを知っていますか?   略してHONYと呼ばれることが多いこのfacebookページは 一枚のポートレイトと、その人が語る人生の物語がセットで紹介されています。     撮影者でありインタビューアでもあるBrandonは 毎日ニューヨークの街を歩いては色々な人に声をかけて、写真を撮り、話を聞いているそうです。

“Can you Facebook me?”と言われたら?

ネイティブが多用するフレーズのひとつ。 Can you facebook me? と言われたら、何を指しているか分かりますか? これは、「facebookのメッセージ機能で連絡ちょうだい」 という意味なんです。 Sam: I’m going to a pub with some friends next week. Do you want to join? John: Sounds cool! Can you facebook me? サム:来週、友達とパブに行くんだ。一緒に来る? ジョン:いいね!facebookで詳細送ってくれる?   ほぼ全員がfacebookを活用している前提のオーストラリアでは facebookでグループメッセージのスレッドを立てて、 遊びの予定を立てることが良くあります。