thank you の返事はwelcomeじゃない?!ネイティブの自然な「どういたしまして」の使い分け3種類

A:Thank you! B:You are welcome!   日本の学校に通った人なら、誰もが習った基本のフレーズですよね。   もちろん文法的に間違ってはいないのですが 実はネイティブがほとんど使わない、かしこまった表現なんです。   実際、オーストラリアではほとんど”You are welcome“と言っているのを耳にしません。   日本語でも「どういたしまして」は日常的に使わないのと同じで、 英語でも実際の状況に合わせて他の言い回しを使い分けています。   ネイティブが使う、自然な「どういたしまして」の言い方を3パターン紹介します!