先日まで3週間ほど、友人の結婚式で日本に一時帰国していました。

 

しばらく海外で過ごすと、日本にいた頃には何とも思わなかったことに驚いたり

これは日本だから成り立つんだなぁ、、と感じることもたくさん。

 

今回は私が日本への一時帰国で驚いた、

「日本では当たり前だけど世界ではびっくりされること」を6つ紹介します!

==

第6位

d493108310e383fe59ee6e2b21766707_s

小学生がひとりで電車に乗っている

 

比較的治安が良いと言われているオーストラリアでも

電車に一人で乗っているのは中学生からです。

 

アメリカでは、子供の誘拐事件が常に発生しているので

公共の場で小学生の子供が視界から消えたら親はパニックになってしまいます。

 

7歳の子が、何かの事態が起きたときに自分の身を守れるのか、、

不安に思うのは日本の親も海外も同じだと思いますが

それでも一人で通学させるという選択ができる日本は、本当に治安が良いなぁと感じます。

 

第5位

5d308845b069c11b1ee28c0ff6c82e10_s

自動販売機がどこにでもあって、品数も豊富

 

オーストラリアでは、喉が乾いたときにはお店に入らなければ飲み物が買えません。

 

自動販売機はデパートや駅の構内など人が監視できるところにしかなくて

角を曲がったら大抵自動販売機がある東京とは、随分勝手が違います。

 

理由としては、電気料金が高いこと、人口密度が高くないので元がとれないことなどがありますが

やっぱり一番多いのは、窃盗などで破壊される可能性が高いからだと思います。

 

人気のない路地にある自動販売機を見るたびに

日本は平和だなぁ、、と思ってしまいます。

 

ちなみに、オーストラリアで売っている飲み物は、ここ数年間何も変わっていないと思います。

 

水、コーラ、エナジードリンク、オレンジジュース。

同じメーカーの同じ商品しか並びません。

 

次々に新しい商品が販売される日本の飲み物事情は本当に稀だと思います。

 

第4位

2566b6db20dd07449928328e756ccbca_s

街でマスクをしている人が多い

 

オーストラリアに住んで数年になりますが

街でマスクをしている人は一度も見たことがありません。

 

こちらでは入院患者やお見舞いで病室に入るときくらいしかマスクをする習慣がないので

街で付けていると、何か深刻な感染症にでもかかっているのかとビックリされてしまいます。

 

感覚的には、お医者さんが付けているゴム製の手袋を付けて

電車やバスに乗っている人、という感じでしょうか。

街で見かけたら「何があったのかな?」と、ちょっとビックリしますよね。

 

以前知り合いの生徒さんがオーストラリアに来たばかりの頃

風邪気味だったのでマスクをして電車に乗ったら

周りから人がいなくなってしまった、と話していました。

 

 

第3位

e4c661cd32ca8a3fc68dda6b04f7f478_s

街中ほとんどアジア人

 

東京では随分と外国人を見かけるようになった、というのは私も同感ですが

それでも移民の国であるオーストラリアに比べれば、街がほとんどアジア人なことに驚きます。

 

オーストラリアに住んでいると、スーパーでも電車でも街でも、

常に英語以外の言語が耳に入ってきます。

 

「外国人」と呼ばれる短期滞在者はアジア、南米、ヨーロッパ系が入り乱れていますし

普通の「オーストラリア人」とは言っても

2世代ほどさかのぼると、ほとんどはヨーロッパからの移民です。

 

アボリジニという原住民の人たちももちろん見かけますが

多くは他の移民との混血であり、純粋なアボリジニの数は数万人にまで減っていると聞きます。

 

日本は世界各国からの移民で成り立っているわけではないので、無理に「国際化」と称して

オーストラリアのように色々な国の人で入り乱れる必要はないと思いますが

 

日本とオーストラリアで街の雰囲気も随分違うのは、この多様性の幅の違いだと感じています。

 

第2位

photo-2

人と目が合わない、他人と会話しない

 

これはあくまでも個人的な経験ですが、東京では人と全く目が合いません!

東京以外の地域はまた違うのでしょうか。

 

オーストラリアでは道で人とすれ違うとき、大体の人と目が合います。

にっこりとすれば大体の人は笑顔を返してくれますし、道を譲ったり譲られたりしたら

Thank you! などと必ず声をかけ合うように思います。

 

それから、バスを待っているときやスーパーなどで知らない人にも話しかけられます。

私も結構話しかけてしまいます。

 

話している内容は大したことではなくて

「バス来ないですね、、」とか「この商品昨日は半額だったんですよ!」とか

その程度のことですが、でもそんな何でもない会話が案外楽しかったりするんです(個人的に)。

 

そういえば、この間オーストラリアでこんなこともありました。

街で信号が変わるのを待っていたら、一人のおばあさんが若い女性の肩をトントンと叩いて

「あなたの靴素敵ね、どこで買ったの?」と突然声をかけました。

 

女性は別に驚くでもなく、

「●●の中にあるお店ですよ、歩きやすいし私も気に入っているんです」なんて笑って

自分のノートを取り出して、お店の名前を書いておばあさんに渡していました。

 

こんな調子で、案外どこでも会話が始まってしまうオーストラリアから東京に行くと

誰とも目が合わないこと、他人同士が世間話などしないことに驚いてしまいます。

 

第1位

27f16207d44c851768b36f3548dc07bd_s

キャラクターやイラストに溢れる街

 

日本は世界に誇れるアニメや漫画の発祥の地、、だからかは分かりませんが

とにかくキャラクターやイラストを目にすることが多くてビックリします。

 

企業にも地域にもキャラクターがいて、電車の注意広告もイラスト漫画。

マンホールにもイラストが書かれていたり、漫画の登場人物がCMで商品を紹介していたり、、

 

こんなにも二次元の世界が市民権を得ているのは日本特有の現象だと思います。

 

オーストラリアやその他の多くの欧米諸国では

「イラストやキャラクターを使う=子供向け」という感覚が強いです。

 

企業でキャラを採用しているのは、おもちゃメーカーやシリアルを作る会社など。

例えば生命保険のCMに可愛らしいキャラクターが出て来ることは考えられません。

 

日本に久しぶりに帰国すると、どこを向いてもキャラクターが目に入ることに驚きます!

===

 

自分の国でもある日本に、帰国するたびに新鮮な驚きや感動を得られるのは

海外在住のひとつのメリットなのではないかな、と思っています。

 

日本の不思議や良さをたくさん感じてオーストラリアに戻ると

今度はオーストラリアの良さが際立って、とても良い気分なんです。

 

日本に普段住んでいる人にとっては、海外旅行も同じ効果がありますよね。

自分の国が新鮮に映る一時帰国や海外旅行、おすすめです!

 

==
facebookページに「Follow(いいね!)」で更新情報が届きます!

 

 

ブログ更新情報の他、オーストラリアの写真などもアップ中。

ぜひ「Follow」してください~。

 

Come to my page!
Come to my page!